電気自動車=蓄電池という目からウロコの発想

KODENの提案するスマートエコハウスは、家とクルマが連携する家 “Vehicle to Home(ビークル トゥ ホーム)”。 電気自動車(EV)に貯めたエネルギーも 一つの電源として活用しようという考え方です。

EV・太陽光発電システム・電力会社からの電気の3つの電気を同時に制御可能で、ライフスタイルに合わせた電気の使い方ができます。

スマートエコハウスで導入している「三菱電機SMART V2H+日産リーフ」なら出力は6kW。多くの電化製品を同時に使用でき、万が一、停電時でも電気を確保します。